わきがの検査は何科で受けられるの?!

わきが検査何科?

ん~・・・わきがの検査って何科で受けれるのか??わからないですよね・・・。

 

「アレ、ひょっとして臭ってる?!」

 

こうしたフレーズで宣伝される制汗スプレーなどの存在で、特に女性の方は自分のわきのにおいは気になることが多いかと思われます。

 

自分が、「もしかしたらわきがかも?脇が臭うかも?」と思ったときは、何科に行けばいいんでしょうか?

 

 

わきがの検査は何科?

 

結論から述べると、自分がわきがかもしれないと思ったとき、それを厳密に診断するには「皮膚科」に通うことになります。

 

皮膚科では、わきがの直接的な原因となっている「アポクリン腺」の量を測ってもらえるからです。

 

もし、自分が”ちゃんとした”わきがならば、皮膚科で治療してもらうことで解決します。

 

「ちゃんとしたわきが」ってなんだよ!? って突っ込まれてしまいそうですね。

 

 

わきがに直接関係している「アポクリン腺」ですが、なぜ臭うのかというと「アポクリン腺からでるアポクリン汗が皮脂の細菌に分解されることによってわきが臭がする」んです。

 

つまり、わきがのキーワードになるのは「」です!!

 

ここで、一般的にわきがと混同されやすい症状が2つあります。

 

わきがに似た症状

 

「多汗症」と「自臭症」です。

 

多汗症

多汗症とは、発汗に関係する「交感神経」の失調が原因で、気温などに関係なくエクリン腺から多量な汗が噴き出る身体的な失調を指します。
多汗症による異常な発汗では、脇からの発汗も多いため、わきがの知識が乏しいと「自分がわきがではないか」と思い込んでしまうことがあるんですよね・・・。

 

しかし、多汗症による発汗はわきがに関係する「アポクリン腺」ではなく、「エクリン腺」です。

 

エクリン腺は、スポーツなど、運動をしたとき、もしくは気温が高いときなどに出る汗に関係しております。
ここから出るエクリン汗はほとんどが水分であり、アポクリン汗同様皮脂上で分解されると汗臭さの原因になりますが、
こちらの汗臭さは、一般的な「汗臭い」臭いであり、わきがの固有な臭いとは全く関係がありません。

 

自臭症

自臭症とは、嗅覚に幻覚を伴う「精神疾患」であり、「自分が臭っているのではないか」と思い込んでしまう精神的な失調を指します。
こちらは直接的に「汗」とは関係がなく、あくまでも「元々の体臭」を気にしてしまう病気です!

 

しかし、人間は極度の緊張状態に置かれると、平常時よりも発汗量が多くなります。

 

通常の緊張状態での発汗はエクリン腺からですが、それが視線恐怖など、極度のストレス状態によるものだとアポクリン腺から汗を出してしまいます。
自分が臭っているという幻覚にアポクリン腺からの発汗を判断材料に「自分はわきがに”違いない”」と考えてしまうケースもありますね。

 

 

つまるところ、「わきが」と「多汗症」、「自臭症」はそれぞれが全く違うんですね。

 

まとめ
  • 「わきが」はアポクリン腺の数が多い”体質”を表し、失調ではありません。
  • 「多汗症」はエクリン腺の異常な活動を促してしまう”身体的失調”です。
  • 「自臭症」は汗腺に直接関係がない、”精神疾患”です。

 

決して自分で判断を下さず、わきがを疑ったらまずは皮膚科を受診しましょう。

 

簡単に、確実に臭いと汗を抑えるなら専用クリームがおすすめですね。

 

多少お値段はしますが、まずはこちらで対策をしておくといいでしょう(*^_^*)

 

⇒わきが専用クリームはこちら


わきがデオドラントランキング