わきがにリフレアが効かない理由とは!?

リフレア効かない

リフレアを使っていても効かない・・・。

 

なぜ??

 

確かにリフレアは汗が原因となる脇の臭いを解消してくれます。

 

しかし、実質的にリフレアではわきがの対策には少し物足りないです・・・。安いんですけどね・・・。

 

リフレアが効かない理由

簡単に言ってしまうと、リフレアは、「わきがの原因となる汗の臭い」をごまかすことができても、「わきがという体質そのもの」を解決する物ではない・・・ということです。

 

さらには、一部の口コミでは「わきがの臭いでさえ消せない」とまで言われていますね。まあ個人差はあります。

 

「わきがに効く」派と「わきがに効かない」派の賛否両論に分かれるリフレアの対わきが効果について考察しましょう!!

 

リフレア 「わきがに効く」派の意見

素朴な意見として、脇汗のニオイがひどかったけれど、リフレアのクリームタイプを塗布することでニオイが気にならなくなったというものです。

 

リフレア 「わきがに効かない」派の意見

本当にわきがならば、手術じゃないと治らないし、リフレアを塗るだけで治るならそもそもわきがじゃないでしょ、というものです。

 

 

代表的な意見を紹介したところで、リフレアに含まれる消臭成分が何なのかを調べますと、一つ気になることがありました。

 

 

リフレアの効果とは?

 

リフレアが臭いに効果を発揮するのは、この2つの成分

  • 「ベンザルコニウム塩化物」
  • 「イソプロピルメチルフェノール」です。

 

この成分は、脇の臭いの原因である菌を殺菌してくれる作用があります。

 

しかし、わきがの直接的な原因であるアポクリン腺からの発汗を抑える作用などはなく、また、皮膚環境を整えるものではありません。
あくまでも、皮膚環境が原因で発生した菌を殺菌するだけにすぎないのです。

 

 

 

わきがの臭いには、アポクリン腺の数だけでなく、皮膚環境も大きく影響している!

 

汗が臭う皮膚環境としては、皮膚表面がアルカリ性を帯びた状態が挙げられます。

 

そして、わきがの原因となっている物質は皮脂に含まれている脂肪酸と呼ばれる物質が酸化(空気中の酸素と触れ合うなど)することで生成される「過酸化脂質」です。

 

酸化

 

一見矛盾しているように見えますが、わきがの根本の原因となる皮膚環境(つまり、臭い菌が繁殖しやすい環境)がアルカリ性!この環境によって生じた菌が空気中に触れ、酸化されることで起こる臭いが「わきが臭」なんです。

 

つまりは、わきがの元々の原因は、皮膚環境の「アルカリ化」ということになりますね。

 

 

リフレアの消臭成分に「塩化物」が含まれていますから、リフレアのユーザーにとっては、衝撃的な事実かもしれません。

 

塩化物は、アルカリ性の物質と化合(くっつく)した物質を指しますので・・・。

 

「脇の臭いの原因がアルカリ性なのに、アルカリ物質を含むクリームを塗りつけるって変じゃない?!」と思われるかもしれません。

 

しかし、最終的に臭いとなる原因は、空気中の酸化だったわけですから、この空気中の酸素とリフレアのアルカリ物質が中和を起こすことで確かに解消できるわけです。

 

 

 

つまりリフレアはわきがの臭いを対策できても、根本的な皮膚環境までをも改善できるわけではない

 

リフレアが「わきがには効かない」理由はここにあります。

 

本気でわきが対策で、汗と菌をおさえるなら「わきが専用クリーム」が早いです。

 

リフレアとは違い根本の皮膚環境にまで作用してくれるため、ただのニオイ対策ではなく、わきがそのものの改善効果が望めますね。

 

わきがクリームランキングはこちら>>>

 


わきがデオドラントランキング